レスポンシブ化のメリット・デメリット

top
PC、スマホ、タブレット、それぞれのデバイスに対応させたHPを作るのはとても面倒なことです。レスポンシブ化を行うと、ひとつのindex.htmlですべてのデバイスに対応できることになります。そのおかげで制作の工程が減らせることがレスポンシブ化の大きなメリットです。各デバイスに最適化させることで、コンバージョンが上がることもメリットです。反対に、デメリットとして挙げられるのが、レスポンシブ化になれている人材が少ないため、工数が増えたり、最初は担当者が学ばなければならないことが挙げられます。こうしたデメリットは確かにあるのですが、長い目でみたらレスポンシブ化を行うことのほうがメリットが大きいというのは明らかだと言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする