スマホ集客は発展途上であるがゆえのチャレンジが大事

arm-wrestling-176645_640
現在のスマホ利用者は全体の25%ですが、主要キャリアが環境を整え、その販売する機種がほとんどがスマホであることからすると、スマートフォンが従来のケータイに代わり主流となることは遠い将来のことではありません。そして、企業側でもスマホを活用したマーケティングに取り組むところが増えつつあります。スマホは、ケータイにプラスアルファされたPCをベースとした設計と多くの機能を備えることで、個人の情報ツールとして活用され、アプリのダウンロードとカスタマイズも可能であることから、これまでのケータイマーケティングよりも高度なマーケティング対策をすることで、より効果的な結果が期待できます。もっとも、いまだスマホは発展途上にあり、OSの仕様変更なども盛んであることから、常に最新の情報と技術を掴むことが大切であり、またそれに対して柔軟な対応が必要です。一方で、国によりスマートフォン関連業者に対して公的なルールが整備されつつありますので、こちらもキャッチアップしていく必要があります。その上で、各社それぞれに、スマホ用ホームページ作成やアプリの開発に取り組んでいますが、集客について未だ決定的な方法論は確立されいません。むしろ、発展途上であるがゆえに、はじめから集客や投資効果を狙うよりは、新しいことにチャレンジすることの方が現在求められています。